コラム / マタニティー

これ良かった!快適マタニティライフの必需品④退院編

妊娠おめでとうございます。 快適なマタニティライフを送るためには、きちんと使えるマタニティ用品が必須です。
妊娠初期〜産後まで時期別に、定番のものから『意外にもこれが役に立った!』というものまで紹介していきたいと思います。
手軽に使える!赤ちゃんのお世話記録アプリ
生後間もない赤ちゃんは、健康管理のため授乳やミルクの時間や回数を記録しておく必要があります。
入院中は記録簿に記入して毎日チェックをしてもらいますし、退院後は授乳や排泄の回数を、検診や予防接種の際に毎回必ず聞かれます。 育児日記やノートに毎日記録しておきましょう。
手書きには手書きの良さがありますが、筆者はあまりマメな方ではなかったので、より手軽に記録出来るスマホアプリを使用しました。
『①妊娠初期〜中期編』では妊婦さん用のアプリをお勧めしたのですが、赤ちゃんのお世話記録にもアプリが大活躍です!
スマホアプリであれば赤ちゃんを抱っこしていても、片手でサクッと入力が出来ます。外出時もスマホさえあればよいので、ノートと違い荷物が増えずとても便利です。
筆者は『育児記録−ぴよログ−』(以下ぴよログ)を使用しています。 色々な育児記録アプリがありますが、家族で共有が出来る点と評価が高い点で選んでみました。
「育児記録 - ぴよログ - 夫婦で共有できる母子手帳アプリ」をApp Storeで 育児記録 -ぴよログ- 夫婦で共有できる授乳タイマー付き子育て日記アプリ ...
ぴよログでは以下の時間と回数を記録することが出来ます。
・授乳(ストップウォッチ機能でカウント可能)
・ミルク(量も記録可能)
・排泄
・睡眠
・体温
生後日数の確認や身長体重の記録も出来て、自動的に成長曲線のグラフに表示されます。 また1日の量が自動的にグラフでまとめられるので、成長の変化がわかりやすいです。
お仕事中の旦那さんもアプリをチェックすることで、離れていても育児の様子がわかるのでとても良いと話していました。
他にも我が家では、写真共有アプリの『みてね』を使っています。
写真を撮ったらアップロードするだけなので、操作も簡単です。 旦那さんだけでなく、おじいちゃんおばあちゃんまで共有設定ができ、アプリを開くだけで孫の顔がいつでも見られると大好評です。
またアップロードした写真はアプリに保存されるので、スマホのカメラロールから削除すれば保存容量のセーブにもなります。
ただしスマホやタブレットの操作に慣れていない高齢の方は『メールで写真を受信した写真を見ることは出来ても保存方法がわからない』、『通信料も多くなってしまいそうで心配』という場合もあります。状況に応じて、使用するかどうかを判断しましょう!
また最新のアプリでは妊娠中から産後まで使えて、なおかつ写真の共有までがひとつで出来るものもあるようです。
ご自分に合った方法で、楽しくお子様の成長記録をしてみてくださいね♪
安心!快適!赤ちゃん用カー用品
赤ちゃんを車に乗せるためには、まずチャイルドシートが必要です。 一緒に使ってみて便利だった赤ちゃん用のカー用品をいくつかご紹介します。
・ベビーミラー
車にチャイルドシートを取り付ける際、新生児から1歳頃までは安全のために後ろ向きに取り付けます。 しかし、これでは運転席からだと赤ちゃんの様子を確認することが出来ないので、大丈夫かな?と心配になってしまいます。
そこでベビーミラーを後部座席のヘッドレストに取り付けると、ルームミラーに反射させ赤ちゃんの確認が出来ます。
角度が調整できるタイプや可愛いぬいぐるみつきのタイプなどもあり、カー用品店や赤ちゃん用品店で購入できます。
赤ちゃん用品はお値段が意外と高いので、手持ちの鏡などを取り付ける方法を採用してもよいでしょう。ネット検索すると色々な方法が出てきますので、参考にしてみてください。
・サンシェードや日よけカーテン
運転中に車に差し込む日光が眩しいと感じたことありませんか? 特に夕方や日差しの傾きが低くなる冬場などは、大人だけでなく赤ちゃんも眩しいはずです。
また紫外線も赤ちゃんにとっては有害なので、日光が当たらないようにサンシェードやカーテンを取り付けてあげましょう。
吸盤タイプで手軽に取り付けが出来るタイプや、窓を開けながら日よけが出来るタイプなど色々ありますので、お好みに合ったものを探してみてください。
・『赤ちゃんが乗っています』のステッカー
赤ちゃんを車に乗せる際、後続車への注意喚起や万が一の事故の時のために『赤ちゃんが乗っています』のステッカーを貼るのがお勧めです。
退院時に赤ちゃんを車に乗せる場合は、あらかじめ入院準備品と一緒に入れておきましょう。 筆者は準備しておくのを忘れてしまって、産後しばらくしてから購入しました。
マタニティマークとリバーシブルになっているタイプや、二重になっていて剥がすタイプもあるようです。
またデザインも定番のものから、クスッと笑えるようなジョークタイプ、キャラクターものなど色々とあります。
群馬県のゆるキャラ、ぐんまちゃんのステッカーもありました! 色々な種類があるので、どれにしようか迷ってしまいそうですね!
楽して綺麗に!便利なハイテク家電
産後は赤ちゃんのお世話があるので、今まで通りテキパキと家事がこなせません。 赤ちゃんから離れると泣いてしまうので、食事の用意は出来ず、洗濯物はたまり、掃除も出来ず…
家事が出来ないことがストレスになることもあります。 そこで家事負担を減らしてくれる、便利なハイテク家電をフル活用しましょう。
『洗濯』は…
・家族が増え洗濯物が増える(特にタオル)
・工程が多い(洗って干して取り込んで畳んで収納する)
・天気に左右される
と、他の家事に比べて手間がかかります。
乾燥機能付の洗濯乾燥機なら、洗濯から乾燥まで仕上げてくれます。 あとは畳んで収納するだけです。 お天気も気にせず洗濯が出来るのでとても助かります。
もし全自動洗濯機をお使いなら、真っ先に買い替えをお勧めします!
次に『掃除』です。 赤ちゃんが小さいうちは、こまめに掃除をしていつも清潔にしておきたいですね。
とはいえ、赤ちゃんが寝ていたら掃除機の大きな音で起きてしまうかもしれないので、なかなか時間を確保するのが難しいものです。
そんな時はお掃除ロボットを活用して、赤ちゃんのお世話をしている間に済ませてもらいましょう。
音が静かな静音タイプもあるので、赤ちゃんが寝ていても使えるものもありますよ。
出産は全治8週間の怪我と同じくらい、身体へのダメージがあると言われています。 無理をすると後から影響が出てしまいますので、1〜2ヶ月は無理せず過ごしください。
また赤ちゃんが中心の生活になり、今まで通りにいかないことも沢山あります。 『手を抜く』ことは、楽をするのではなく『手間を抜く』だけです。
家族に協力もしてもらい、笑顔で赤ちゃんとの生活が送れることを祈っています。

by Halekulaライター育成講座受講生   2019/01/21 13:14:10